自転車活用推進研究会


定例研究会〈自転車活用研究会〉

2015年2月13日(金)自転車活用研究会in関西


自転車活用研究会in関西第4回・4都市の未来を語る

自転車利用環境整備の担当者が本音で語る自転車行政

2015年最初のin関西は、大阪市(2014年12月1日現在の人口268万7028人)京都市(同146万9604人)高槻市(2014年11月末現在35万5224人)茨木市(同27万8829人)の自転車担当の係長さんたちが、それぞれの都市が模索している環境整備の未来について語る画期的な研究会からスタートです。

4人のパネリストに切り込むのは、自活研理事の瀬戸圭祐。カラコルムやアルプスの氷河を走破したり、ロッキーやヒンズークシ、北極圏スカンディナビアなど世界の大山脈を自転車で縦断した経験を持つサイクリストが「自転車環境整備に思い切った冒険を!」と持論を振りかざしてコーディネートします。瀬戸理事は東京で展開中の「+1 LANE PROJECT」の推進メンバーの1人。本業は某自動車メーカーの広報担当です。

日時
2014年2月13日(金)18:30〜20:30(受付18:00〜)
場所
中央復建コンサルタンツ株式会社/2階会議室
大阪市東淀川区東中島4丁目11番10号
  • 新大阪駅東口から徒歩3分/18時以降通用口から(正面玄関に表示あり)
参加費
自活研会員(2015年度会員含む)無料、非会員3000円(学生証提示1000円)
懇親会
参加費1000円(予約要)。
懇親会では現在進行中の警察/国交共同設置の委員会最新情報、東京の国道246号でのバス自転車共用レーン設置状況などを小林成基(自活研理事長)から報告する予定です。
関連リンク